women-s-baseball-player

みうらじゅん さんの本を読んでいたら、社内SEも全部プレイじゃないかという気がしてw


さよなら私 (角川文庫)



たまたま上司・同僚・部下の立場でプレイしているだけ。

そう考えると少しは楽しくなるような、ならないような・・・



社内SEはどうしても受けに回りがちです。
まずはやられるプレイから。

放置プレイ

出たー!伝家の宝刀!
プレイ定番中の定番ですね。

上司も同僚も皆やりますね。
社内SEとして3社見てきましたが、どこもみな放置プレイです。社内SEじゃなくても一緒です。


ここで簡単に疲れた感・焦った感を出してはダメです。それでは普通です。
逆に意表を突かなくちゃいけません。
いつも同じ反応だと、きっと相手も面白くないですからねw

意表を突くとは、淡々とやるということです。
言わば放置上等プレイです。プレイにはプレイで返しましょう。

関連記事:

ちゃぶ台返しプレイ

経営層の得意技ですね。
まるで賽の河原の石積みのようです。積んでは壊され、積んでは壊され・・・

向こうの立場が強いので、なかなか正面からは返しづらいところです。


「来た♪来た♪」くらいの境地に至りたいところです。

オフィス移転では、業者とか社内の人間に同時にガーっと来られた時、そう思えるようになったんですけどね。
私もまだまだ修行が足りません。

関連記事:

情報兵糧攻めプレイ

ニワトリが卵を温めるみたく、いつまでも情報をこちらに流さない上司が多いですよね。
秘密主義。大した情報じゃないのにw


敢えて準備しないで、ギリギリでやるプレイで返すのが正しい。

遅れてもいいんです。上のせいですから。
「すいませんねぇ~ギリギリで来たものですから」と牛歩プレイで返せばよろしい。

評価しないプレイ&裁量与えないプレイ&予算なしプレイ

これが一番キツイです。

前も書きましたが、どれか1つならまだいいんですよ。
でもこれが2つ以上重なると・・・


やれることはあるので、あらゆる手を使って地道にやるしかないのですが・・・
あまり無理をすると潰されてしまいます。

関連記事:
ひとり情シスには評価はなくても、裁量は必要


私も辞める準備を進めています。

やりずぎ注意だと思いますけどね。
こちらが逃げてしまっては、もうプレイではなくなりますよ。経営者さん。

関連記事:




受けてばかりじゃ相手も面白くないので、たまには攻めないと。
ここからは社内SEから仕掛けるプレイです。

定時退社プレイ

上司のにがにがしい顔を見ながら敢えて定時退社!

プレイは勤務時間内だけの契約なので、サービス残業プレイはないんですよw


有給休暇遠慮せず取るプレイもありますね。

うちの営業なんて全然有休取ってません。まるでどこかの国のようです。
一見和気あいあいとした空気感出してるので、マイルド恐怖政治です。

情報兵糧攻めプレイ(反撃編)

上司からだけではなく、こちらからも情報の兵糧攻めを仕掛けることができます。

そもそもITに興味が無い上司だと、勝手にこのプレイになります。


例えば、作業をプログラム使ってバカみたく速く終わらせると、上司が「速いね。どうやったの?」と聞いてくることがあります。

この時は正直にプログラムでやったと言わずに、「手で1つ1つシコシコやったんすよ」と答えます。
プログラムでやったと言っても、特に評価が変わらないからです。


からかって遊ぶのが良い
でしょう。
こちらを評価する気のない相手の気まぐれに付き合っている暇はありません。

融通利かないプレイ

こちらのことを配慮しない相手には、
「聞いてません」「私の仕事の範囲じゃありません」と言う態度でやります。
いかにも融通の利かない社内SEを演じます。

「緊急事態!緊急事態!」とこちらを煽ってくるタイプのやつに対しても同じです。


そういう相手には、必要な作業量を水増しして伝えたり、敢えて悠長に構えて対応します。


知ってても関わりたくない場合「知らない」と言うのもこれに含まれます。
「エッ!エッ!何のことだかわかんないんですけど」と大げさにわからないフリをします。

こちらのことに配慮しない相手からの評価など、下がっても構わないのです。
大抵そういうやつからの評価は大勢に影響を与えません。

関連記事:
社内SEのための時間稼ぎに役立つセリフ7つ
配慮への配慮
後工程への配慮が会社の効率化には必須

退職プレイ

「今まで散々俺を苦しめやがって。辞めてやるから苦しめ!」と思いながら辞めるプレイです。

意外と効果ありません。後で残った人に聞いても「特に混乱は無いよ」ということが多いです。
会社は1人くらいいなくても回るものです。